水の時代を見据えることで風の時代にすぅっと乗るエレメントワーク


時代をリードする人は
「次の時代のエッセンス」をうまく味方につけている人たちです。

たとえば、地の時代では、次の「風の時代のエッセンス(WEBやIT)」を取り入れた人たちが活躍しました。
これからの風の時代では、次の水の時代のエッセンスを掴んでいる人が活躍する、と言われています。

水の時代のエッセンスを、私たちは一言で「やさしさ」と表現しています。
風の時代で活躍する人は、優しい風を吹かせられる人です。

この講座で提供するエレメントワーク※では、風の時代に必要な水の時代のエッセンスの掴み方、つまり「優しい風の吹かせ方」や「風の時代にすぅっと乗って、心地よく活躍する方法」を学べます。

※エレメントワークは風の時代の研究を行ってきた「優しい風プロジェクトチーム」が生み出したものです。この講座は、このチームのボランタリーな想いによって行われます(無料)。エレメントワークは「風の時代と一体になるため」に開発されたものであり、このワークを提供できる権利(有料でも可)を、この講座内で無料でお渡しする予定です。

※提供者だけに向けた講座ではありません。「ワークを受けたい」だけでもOKです♪

こんな人におススメです

  • 風の時代に「すぅっと乗るひみつ」を体感したい
  • 風の時代と一体になるワークを提供してみたい
  • 4つのエレメントと時代の流れの関係を知りたい
  • 時代のエッセンスを味方につけてみたい
  • 優しくてあたたかい風を広げたい

あなたに当てはまることはありましたか?
すこしでも当てはまる方は、「うけてみたい!(無料)」をクリックして、講座を受けてみましょう。

優しい風プロジェクトチーム発足

2021年3月。

あるチームが発足しました。


メンバーは
神様は小学5年生
神様とのおしゃべり
神との対話などを編集した
サンマーク出版の岸田健児さん。


ベストセラー作家のかげした真由子さん


そのほか、数千名単位の生徒を持つ有名な星読み講師やブロガーなどの専門家が集まりました。


風の時代に乗れていない人たちがいることに気づいた専門家たちが集まり、風の時代に乗るための新しいアイディアやワーク、レクチャーを生み出せないか検討しようということになったのです。

それぞれの研究結果を持ち寄ってシェアしあうミーティングを何回か重ねました。

そこで「思っていたのと違うぞ????」という風の時代の全体像が見えてきたのです。

特に予想外だったポイントをいくつか共有すると…

風の時代のはじまりは「中間地点」

まず、風の時代のスタートは「地の時代の終わり」というだけではなくて、大きな「火地風水という流れ」のなかの中間地点だったことです。

風の時代は全体の流れの一部なのです。

多くの専門家が地の時代、つまり今までの時代が終わったことに注目して発信しています。

こんな発信ですね。

  • 時代が変わろうとしている
  • 今までのものが通用しなくなる
  • 地の時代のものは、もう古くなる

いままでの地の時代にフォーカスした情報が多いように感じています。

でも、風の時代の意味は地の時代の終わりということだけではありません。

重要なのは風の時代は全体の流れの中で中間地点であり、次の水の時代に向かっていく流れの中にあることです。

風の時代は水の時代に向かっているのです。

「風の時代の目的地は水の時代」です。

この全体の流れの研究の中で、私たちは、風の時代とうまく一体化するためには「水の時代」のチカラが重要であることに気づきました。

(これについては、ちょっと先のセクションで、くわしくレクチャーします。)

そして、もう一つの発見は「どうすれば風の時代を乗りこなせるのか?」という発想自体が根本的に風の時代を乗りこなせなくする原因かもしれないということです。


心地よく生きるための「with風の時代」発想

「どうすれば風の時代を乗りこなせるのか?」
「どうしたら乗り遅れないのか?」

この発想自体が、根本的に風の時代を乗りこなせなくする原因とはどういうことでしょうか?

前向きに、風の時代に乗ろうとしているスタンスにも思えます。


当初、チームは「どうしたら地の時代から抜けて、風の時代に進んでいけるのか?」と「風の時代を乗りこなせるか?」について、模索していました。


ただ、ある時にふと、一人の占星術師が言ったのです。

この人ですね。


やなかえつこさん。

後にチームメンバー複数名の希望により、チームのリーダーになる人です。


やなかさんは言いました。

「なんか…乗りこなすって、しっくりこないというか…暴れ馬?」


その主旨はこうです。

風の時代は、乗りこなすのが大変な暴れ馬みたいなやつだっけ?

なんか、克服しないといけない課題みたいになっている気がする…

この発想の「根本にあるスタンス」が風の時代に乗れない原因じゃないか…


つまり以下のような構図になっていたのです。

乗りこなそうとする私 vs 風の時代

でも、本当に時代を乗りこなす人はこうやって考えるはずです。

心地よく生きる私 with 風の時代


暴れ馬とは、乗る人の意志に反して暴れまわる馬のことです。

どうやって動くかわからない、自分の意志でコントロールできない自分の外の何かであり、何とか掌握しないといけない対象というように風の時代を見ているから上手く風の時代と一体になることができない。

自分の外側に風の時代を置いている発想です。


このスタンスだと風の時代をコントロールできるようになるまで必死で頑張らないといけなさそうです。


そうではなくて、風の時代と一体になって、共に歩もうとする。

このスタンスが必要なんです。

これがきっかけで、チームは大きく方向を転換し、まだ語られていない新たな発見を連発します。

それが風の時代の先にあるのは「やさしさの時代」であるということです。

やさしさの時代

「風の時代が向かう先は、やさしさの時代」とはどういうことでしょう?

なんとなく、話の流れから「水の時代のことを言っているんだろうけど…」というのは分かってもらえると思うのですが、どういうことか、説明していきますね。


まず、「風の時代のスタートは中間地点だ」ということから説明していきます。 先ほどのこれですね。

占星術に出てくるすべての星座は4つのエレメントに属しています。


この4つです。

火・地・風・水


占星術では、この4つが200年ごとに移行することで、時代が進んでいると考えます。


こんな感じです。

 ↓
火の時代が200年
 ↓
地の時代が200年
 ↓
風の時代が200年
 ↓
水の時代が200年

 ↓
火の時代が200年
 ↓
地の時代が200年
 ↓
風の時代が200年
 ↓
水の時代が200年

 ↓
火の時代が200年
 ↓
地の時代が…


「風の時代」とはこの概念に基づいたものです。

実は、かなり、大き~~~~~~~ぃ話なんです。

そして、この流れを人生に活かしていくためにはいくつかのポイントがあります。


そのポイントのうちの一つが…


次の時代のエッセンスを取り入れる

この大き~な流れを自分の人生に活かしていくためにはいくつかのポイントがあります。


ここでは、その中の一つ次の時代のエッセンスを取り入れるとうまくいくということを伝えます。


地の時代に生きた人は、風の時代のエッセンスを取り入れるとうまくいきました。


地は「物質的な価値観」を表しています。

確保し所有することを重んじる時代ということです。


しかし、地の要素だけを大切にするのでは限界が来てしまいます。
その結果、多くの人が苦しむことになりました。

物質的には豊かなのに精神的に苦しい時代と言えます。


地の時代で活躍した人の代表といえば…

スティーブ・ジョブス
ビル・ゲイツ

このようなWEBやITで活躍した人たちです。

WEBやITは、風の時代の代表的なものと言われています。


つまり、彼らは地の時代に生きながら
風の時代のエッセンスを取り入れていたのです。


では、風の時代を上手く生きるためにはどうするのが良いのでしょうか?


風の時代を上手く生きるためのエッセンス

風の時代は水の時代へと向かっています。

風の時代の目的地は水の時代なのです。


「風」は「風」だけで存在しているのではありません。

先ほどから伝えているように、「火ー地ー風ー水」という循環の中で意味を持ちます。


今は「風の時代」で、
次にめぐってくるのは「水の時代」です。


風は水に向かっているからこそ「心地よい風」として発展していけるのです。


では、4つのエレメントのなかで
「水」は何を表しているのでしょう?

「水」ってどんなエレメント?

水のエレメントは「私達の感情や想い」であり、「私たちが人間らしく豊かに生きるために大切なもの」を表しています。

たとえば、スピリチュアリティ・つながり・想い…こういうものも水のエレメントです。

そして、やさしさも水のエレメントに含まれます。


一方で、風は何を表すのでしょう?


実は、あまり知られていませんが・・・

風は「外側に広がっていく力」を表しています。


ただ、どんどん広げる力です。


なので「悪いもの」もどんどん広がります。

講座の中でくわしく話しますが、過去の風の時代は「え?そんなものまで広がっちゃうの?」というようなことがたくさん起きています。


風の時代は「何を広げるか」が重要なのです。


そして、私たちが見つけた
風の時代において世界中が共通して広げるべきものが、次の水の時代の「やさしさ」なのです。

「優しい風を吹かようとする」と、無理なく自然に風の時代と一体になれます。


このことを伝えるのが私たちの目的です。


優しい風の時代

風の時代には「やさしさ(水)」が必要です。
風の時代が向かう先は、やさしさの時代なのです。


このことに気づいたチームは
新しいプロジェクトを立ち上げます。

「優しい風プロジェクト」です。


そして、やなかえつこさんがチームリーダーとなり
大きく活動していくことを決めます。


緊急で出版することが決まり
チームは出版に向けて
さまざまな研究を重ねます。


そして、出版だけでは伝えることができない「体験」に話が至ります。

水の時代のやさしさを「体験として身に着けられる機会」を作るべきではないか?という話になったのです。

無料でエレメントワーク提供権をシェアしようと思った理由

チームが体感している水の時代を先取りした風の時代の生き方。

その中にある「優しい風と一体になる感覚」を多くの人に味わってもらいたい。
そうでないと、風の時代に乗ろうと四苦八苦している人たちが、心地よく風の時代と一体になることはできないのではないか?


このような発想からチームは、「時代の流れにのるエレメントワーク」を生み出します。

風の時代に水の時代のエッセンスを取り入れた「優しい風と一体になる感覚」を味わうことができるワークです。


そして、「まずは、心や魂の分野でさまざまなことを伝えている人たちに味わってもらえれば、多くの人にこの感覚をシェアしてもらえるのではないか?」という話になり、提供権付きの無料講座という形でシェアすることが決まりました。

まずは、提供者に味わってもらって、その人たちに広げてもらいたいと思ったのです。

レクチャー内容も伝えられて、ワークも提供できるようなカタチです。


このエレメントワークを皆さんにお伝えしよう、そして、伝えていってもらおうというのが今回のプロジェクトです。


時代だけではなくて
「あなたの中にもエレメントは存在」します。

時代と一体になるというのは
自分の外側にある何かを克服すること、ではなく、時代のエレメントと自分の中にあるエレメントを、しっかり結びつけていけば良いだけなんです。


そして、このエレメントワークは、この時代のエレメントとあなたの中にあるエレメントを一致させるワークです。


ワークやワーク提供権も含めて、この講座は無料で行います。

この後、「お金を払わなければワークができない」とか、「ワークの提供権がもらえない」ということはありません。安心してOKです。


私たちがした占星術の研究や、時代の考察なども、わかりやすくレクチャーしていく予定です。(ワーク以外のレクチャーの部分は、Youtubeやブログも含めて、自由に発信してもらってOKです!)

提供権をお渡しするにあたってお願いしたいことは、「エレメントワーク」だけは、相手のお顔を見ながら丁寧に伝えていただきたい、それだけです。 (ワークはZOOMなどのセッションやワークショップでお使いいただくのがおすすめです)


感覚を大切にしたワークなので、相手の反応を大切にしながら、相手が体感できているか確かめつつ、伝えてほしいのです。


そして、多くの人にシェアをしていってください。
(もちろん、ワークを体験したいだけ!という人の登録もOKです♪)

なんでこのタイミングで行なうの?

なぜ、このタイミングに無料講座を行なうことを決めたのでしょうか?

それは、占星術的に考えてグッドタイミングだから。

ポイントは、広げるチカラと幸せの星といわれる木星の動きです。


木星は
現在、2021年は、
水瓶座のエネルギーと一体になっています。

水瓶座は「風のエレメント」の星座です。


それが、来年、2022年には、魚座のエネルギーにチェンジします。

魚座は「水のエレメント」の星座です。


来年、2022年は、世の中が水のエレメントっぽいムードに変わるため、
「ほどよい湿度の優しい風を起こす」ということが掴みやすい一年になるでしょう。


さらに、木星は少しイレギュラーな動きもします。

2021年5月14日から、一瞬だけ木星は魚座のエネルギーと一体になります。

これは7月28日まで続きます。


これを私たちは来年の変化のリハーサルだと捉えています。


2022年から本格的に訪れる「水のエレメントのやさしさの年」

私達もそのリハーサルを5月14日〜7月28日の間で
取り組むことが出来るというわけなのです…!


心や魂のことを伝えたり
占いで何かを提供したりしている人たちは

できれば、この5月からのタイミングで必要な変化を起こしてください。


そして、半年ほどかけて自分に定着させて、来年から伝えていってほしいのです。


このタイミングで人よりも一足早く「やさしい風の起こし方」の感覚をキャッチして、
来年には「やさしい風の起こし方」を多くの人に優しく伝えていっていただけたらと思い、
このタイミングで無料講座を行なうことにしました。

どうやって参加するの?

このトークライブは、動画ライブ配信にて行います。

世界中どこからでも、何をしていても、インターネットにつながってさえいればパソコンやスマートフォンで視聴が可能です。

また、ご自身の都合のよい時間に視聴することもできます。

講師たちの想いから、このトークライブはすべて無料で視聴することができます。


このトークライブで学べること

  • 風の時代の本当の意味
  • これまでの研究から気づいたこと
  • なぜ「優しい風を起こすこと」が風の時代を生きるうえで大事なのか?
  • 「時代の流れに乗るエレメントワーク」の実践

※実践ワーク以外の学びについての資料・お話しした内容は、ご自身のメディアでそのままご紹介いただくことが可能です。

ワークに関しても、皆さんが報酬をもらうカタチ(有料サービスとして)で提供することが可能です。しかし、届ける相手のお顔が見える状態でのシェアをお願いしております

例えば…

  • ネット上の動画やブログで不特定多数の人に配信(NG)
  • Zoomでのオンラインワークショップを開催(OK)

配信は数日に1回、1回あたり40分〜1時間程度の予定です。

エレメントワークお申込み

申し込みは締め切りました


受講規約

出演講師(優しい風プロジェクトチーム)

「優しい風プロジェクトチーム」チームリーダー
やなか えつこ

鑑定師・講師(四柱推命、西洋占星術 )

十数年の専業主婦時代から独学・講座受講などを経て、現在は個人事業主として四柱推命・西洋占星術を用い鑑定や講師の活動をおこなう。
東洋と西洋の占術をどちらもバランスよく使用する鑑定スタイルが人気。
占いを学ぶことで自身がの人生が大きく変わった経験から、現在は鑑定師の育成にも力を入れている。


エレメントワーク制作サポート
かげした真由子 (かげした・まゆこ)

占い師の先生(タロット占い、西洋占星術)
命日ホロスコープ占い師・心理セラピスト

サウンドクリエイター、ベンチャー企業の立ち上げ、保険営業マンの秘書などを経てタロット占い師になる。2008年より占い師・心理セラピストとして独立。現在までの鑑定数はのべ1万4千件。占い業界の激戦区「大阪のミナミ」で占い店のプロデュースを手掛け、1店舗目開店より3年で3店舗まで増やすことに貢献。当てるだけではなく、その人が持って生まれた可能性を占いで引き出すことで現状を変化させ未来を切り開くタロットセッションが評判を呼び、同業者、起業家を多数顧客にもつ。「誕生日占いができるなら、命日占いはできないのでしょうか?」という相談をきっかけに、故人の命日をもとに相談者の人生をうらなう「命日占い」を始める。
サンマーク出版より2020年6月「命日占い」 2021年3月「命日占い 未来編」を出版し、累計10万部のベストセラーとなる。 現在は、その人が安心して自分らしく生きるための占い活用を日々研究しつつ、後進の育成に取り組む。


エレメントワークナビゲーター
森野御土日古 (もりの・おとひこ)

日本トランスパーソナル学会常任理事
株式会社&U(アンドユー)創業者・取締役

「カウンセラーの東大」といわれる大正大学で臨床心理を学ぶ。大学教授になる道を勧められるも、常識への違和感をぬぐえず、バックパッカーとなる。心やたましいの最先端の取り組みを見て回る不思議な旅の中で星読みと出会い、カウンセリングの知識を活かした独自の星読みを構築。口コミで評判となり、またたくまに人気を博す。また、想いのある講師や志のあるメンバーを集めてチームを作り、いくつものプロジェクトを成功させてきた実績がある。この点で有名な著者や講師から厚い信頼を集めている。


エレメントワークナビゲーター
宮田亮介 (みやた・りょうすけ)

株式会社&U COO(最高執行責任者)
株式会社GENKI取締役

2009年、ホテルの料理人をした後、人材育成コンサルタントの会社から声をかけられ、個人事業主として独立。1年後に事業責任者に抜擢。その後も、農業、路上詩人や占い師など様々な職を経験。
2015年、奥様と不思議な出会いがあり、出会って4日後に結婚の話になり、スピード婚。二児のお父さんであり、ご家族と理想的なライフスタイルを営んでいる。
現在は「人と地球を元氣にすること」をテーマに、占い師を始めとする心のプロの育成や、祈りをコンセプトにしたアーティスト活動を行う。




ページの先頭へ